social workerという曲はもう聴いてくれた? | Lot FALCON【ロットファルコン】 OFFICIAL SITE

お気軽にお問合せください。
 

Lot FALCON BLOG
Updated 2020.03.17

social workerという曲はもう聴いてくれた?

 

どもどもども!

 

「ずっと楽曲聴いてます!」とか「次も曲楽しみにしてます!」とかインスタでDMとかもらうと

 

本当にやっててよかったって思う。

 

俺はたくさんの人に聴いてもらい気持ちの反面、

 

 

一人の心に突き刺さされ!と思いながら作ってます。

 

 

人生を反映させた楽曲もあれば主人公に見立てたストーリー仕立てのものもある。

 

 

その中でじわじわと聴いてもらえてるのがこの【social worker】って曲。

 

 

そもそもsocial workerってなに?だよね。

 

social workerとは
ソーシャルワーカーとは、社会の中で生活する上で実際に困っている人々や生活に不安を抱えている人々、社会的に疎外されている人々と関係を構築して様々な課題にともに取り組む援助を提供するソーシャルワークを専門性に持つ対人援助専門職の総称である。※wikiより出典

 

現在、名古屋で障害者施設をプロデュースしてるのも過去の影響からで

 

短に障害のある方がいたっていうシンプルな話なんだよね。

 

 

俺はsocial workerではないけど、社会の中で生活する上で実際に困っている人々や

生活に不安を抱えている人々、社会的に疎外されている人々と関係がものすごく近いからこんな曲を作ったわけさ。

 

 

social workerという曲はもう聴いてくれた?

これはもろ実体験を歌詞にまとめた。

 

シンプルにわかりやすく表現してる。

 

 

どう受け取るかは聴き手の自由なので、

 

 

これ以上は語らないが、

 

 

耳で味わって楽しんでおくれ。

 

 

今回は歌詞も付けとくので歌詞を追ってみてね!

 

 

 

「あの人は何が違うの?」

子供ながらに感じてたの

母は答えるの

「あなたと何も変わらない。」と

純粋な心 はめた愛のピースを

子供は母に学ぶ

大人になって気づく

 

だって僕はworker social worker

あなたのためworker social worker

 

道をそれて世界を見た

肌に合わず道に迷った

斜めに社会を

偏るやじろべえの涙

あの言葉が背中押した

幼き頃の記憶が生きた

例え道をそれても僕は

できると神に誓った

 

だって僕はworker social worker

あなたのためworker social worker

 

自身に置き換え考える

その時あなたは何を思う

人のために何か出来る

支えるために僕は生きる

I want to come again

笑顔を見るだけで

疲れが飛んで明日へ

開かれた世界へ行こうか

 

だって僕はworker social worker

あなたのためworker social worker

 

あなたに出会えて僕は変わった

世界は広いと知った

狭い世界に居たのは

僕だった勘違いだ

生きる価値を見出した

あなたのおかげでした

誰も知らない世界を開こう

これからも扉を開こう

 

だって僕はworker social worker

あなたのためworker social worker